薬剤師と就職・転職活動

薬剤師の転職で非公開求人情報はとても大事だという話

どの薬剤師転職支援会社をみても「非公開求人多数!」などとありますよね。

これは以前も触れたたので少し簡単に書きますが、人気の求人は表に出しておくと応募が多くなり、転職支援会社も、受けての薬局も捌ききれなくなるからです。

ある薬局が1人薬剤師募集したのに、50人応募あったら大変ですからね。複数の転職会社を仲介をする日経DIキャリアなども肝心な求人はモザイクです。

ただこの「非公開求人」ですが、実は2パターンあって、それを少しお伝えしていきます。別にどの転職支援会社がどちらに属する、という訳ではありません。

よくある薬剤師非公開求人パターンA

薬剤師の転職支援会社に登録する事で非公開求人情報を得る事ができる、オーソドックスなパターンです。

一番分かりやすいのは、担当者さんのフォローが少し手薄なので、自分で求人を探して行動できるタイプの薬剤師向けですが、リクナビ薬剤師です。

登録すると、すぐに非公開求人【社名や店舗名】を見る事ができます(※いたずら登録はやめてくださいね。半年以内に転職検討の方はどうぞ)

ただ正直言って私が薬剤師採用をしていても、あまりリクナビ薬剤師にお世話になる事はありません。企業への転職目指す方向けですが、しかし求人数はやはり薬局がとても多いです。

あくまで登録すると、すぐにPCやスマホから情報にアクセスできるリクナビ薬剤師を紹介しました。恐らくリクルート社の管理がしっかりしているためで、他の会社が真似できない部分かもしれません。

私個人の感覚としては、リクナビ薬剤師はこういった形で情報提供する事に特化している様子です。担当者さんのフォローというよりは情報提供型です。

その他の会社でも基本的には同じ構造

しかし、それほど「非公開求人多数」アピールをしていない会社でも、実際は表に出てない求人を紹介されることになります。

例えば、ほとんどの薬剤師転職支援会社のホームページやネット上の広告では、以下のような情報しか掲載されていません。

◆駅チカ◆東京駅徒歩3分♪年収~600万円可◆充実の研修体制◆

・勤務地:東京都千代田区
・交通:JR山手線東京駅徒歩3分
・勤務時間:週40時間
・給与:年収400~600万円

大手チェーンなのか、調剤併設DSか、どこが求人出しているのか分からないので、検討しようが無い訳ですが、こういった求人の詳細が分かるわけです。

基本的にはこういった形なので、どの薬剤師転職支援会社でも情報についてはそれ程差はないように思われます。つまり1社の利用でもよい、という事です。

たぶんどのサイトの説明を見ても、「非公開求人」についてはこのあたりの説明で終わりますが、もう1パターンあり、そこが割と大切です。

求人情報として公開するの面倒なパターンB

転職活動を行う上で、このあたりはよく理解しておいて欲しいのですが、まず前提として、人気のある薬剤師求人はあっという間に無くなります。

そのための非公開求人です。

しかし、薬剤師不足が続いている中、薬剤師の転職支援会社にも多くの求人依頼が入ってきます。するとこういう状況になります。

1.薬剤師転職支援会社に求人依頼(薬局などから)
2.それなりの厚待遇なら非公開求人としたい
3.でも情報化してネットに上げるのは面倒なので直接登録者に紹介する

当たり前と言えば当たり前なんですが、転職支援会社としても「これはすぐに薬剤師が見つかりそうな厚待遇の求人だな」と思ったら、いちいちデータベース化しません。ネットにも上げません。

登録している、数ヶ月以内に転職できそうな薬剤師に直接「どうですか?」と聞きます。待遇が良い求人なら、それですぐ決まりです。

30分かけて求人情報を作成しネットにアップしたと思ったら、1分で応募があったら無駄な作業ですからね。

つまり「非公開」というよりは、「公開するの面倒くさい」求人です。そしてこのあたりが割と一番いい新鮮な求人情報で、数社登録する必要があるのもそのためです。

薬剤師非公開求人まとめ

人間は基本的に面倒くさがりですし、そもそも無駄になる仕事などはしません。それこそが、非公開求人(=新鮮な厚待遇の求人情報)のポイントです。

ネーミングにしても、「公開するの面倒だから直接紹介する求人」よりも「非公開求人」の方が、なんか凄そうですしね・・。

そんな訳で、転職支援会社に登録したとしても1週間そこらでは就職先を決めず、できれば1ヶ月以上かけてじっくり職場探しをする事をお勧めします。

そうする事で、いい求人に巡り合える確率がぐんと上がるはずです。

転職で困っているなら

将来を考えると転職した方がいい、そう感じていても、実際どう行動していいか悩む薬剤師がとても多いと感じています。

・人間関係がつらい
・ボーナスが減らされ年収に不満
・薬剤師としてのキャリアに不安
・パートで働きやすい職場に
・将来性のある業績のいい会社がいい

薬剤師として働いていれば、年齢に応じてそれぞれ色んな悩みを抱えてしまうもの。

転職しようかなと感じていているなら、今すぐの行動が大切。

なぜなら転職サイトの求人は、登録した順に紹介してくれるから。「早いもの勝ち」なんです。

転職が頭をよぎったら、すぐに登録しておく事が欠かせません。

以下に紹介する求人サイトは、無料で利用出来ることはもちろん、優良な求人があつまるのでおすすめ。

今の悩みを解決するため自分に合った求人サイトに、まず登録する事。それが将来に備えるはじめの一歩となるのです。

求人探しに困ったなら

「すでに少し求人探ししてみたけど、あまり希望の求人が見つからない」という薬剤師なら、ファーマキャリアを利用するのがベスト。

他のサイトの求人がいまいちだった、条件面を重視したい。特にそんな場合、コンサルタントの質に強みを持つメリットを生かせます。

総合評価
どんな求人あなたの希望に沿ったオーダーメイド求人
サイトhttps://pharmacareer.jp
強み正社員で年収重視の薬剤師におすすめ
弱み企業への転職は不向き

ファーマキャリアを見てみる

20代・30代の薬剤師に

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん収入アップも可能。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師が一番です。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの求人を紹介してくれる
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

チェーンで働きたい

これから先、年収を上げたい、将来の安定性や福利厚生のいいチェーン薬局・Dgsに転職したいならファルマスタッフを利用したいところ。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが出来ます。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、年収を上げる事もできる
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

幅広く求人を探したい

「いろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長ですね。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、自分でも探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者さんのサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。

それは「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

ファーマキャリア
(いい求人に出会えないなら)

マイナビ薬剤師
(20代、30代の薬剤師に)

ファルマスタッフ
(チェーン店で安定して働きたい)

リクナビ薬剤師
(業界大手の求人数)

RELATED POST