薬剤師と就職・転職活動

薬剤師の転職で「男性専門」の転職サイトって使った方がいいの?

薬剤師もだいぶ男性が増えてきましたが、やっぱり薬局では女性比率が圧倒的に多いですよね。そこで気になるのが、男性専門の転職サイトって使った方がいいのか?って事。

たくさんの転職サイトがあるなか、あえてそういったサービスを使う必要があるのか、ちょっと考察してみました。

ちなみに厚生労働省のデータ、少し前ですみませんが、2016年時点で以下の人数。男性薬剤師の割合は、約40%というところですね。

・男性薬剤師:116,826人(38.8%)
・女性薬剤師:184,497人(61.2%)

参考:薬剤師調査の概況(厚生労働省)pdf.ファイル

男性専門の薬剤師転職サイトってなに?

これはたくさんある訳じゃなく、「オレ薬(オレヤク)」という転職サイト。男性専門と銘打ってあるんです。評判や口コミ等は、今のところ特になし。

【オレ薬(オレヤク)-オトコ薬剤師専門転職サイト-】
https://www.oreyaku.com/

私自身、薬局で働いていて、やっぱり男は少数派。こういった転職サイトがあるのは理解できますし、メリットがあるなら使ってもいいかな?と感じるところ。

ただ、厚生労働省のモデル就業規則でも、いわゆる「性別」によって不利益等を生じさせるのはNG、それが当たり前の時代。男女と区別できない人だって多くいるんです。

そんな中、男性専門の薬剤師転職サイト。ちょっと時代錯誤なんじゃないかなと感じるのは私だけでしょうか?作った人は、そういった配慮も出来ないような、だいぶ年配の人なのか・・そう思ってしまうのです。

とは言え、実際「女性活躍!」とは世間で叫ばれている一方で、男性が少ない薬剤師。薬局なら、実際のところ肩身が狭かったり、仕事量が増えてしまったり、それはありますよね。

男性専門のサービスを作ったら需要があるんじゃないか、気持ちは分かります。分かるんですけど、めちゃくちゃ違和感。企業としてそれやるのか・・という感じが否めない。

百歩譲って、もしこの会社がこの男性専門薬剤師転職サイト、それだけを運営してるなら分かります。

それなら分かるんですが、この企業は、同じようにママ薬剤師専門、女性MR応援サイトなども運営してるんです。う~ん、謎です。

【ママ薬剤師専門の転職サイト(ママ薬)】
https://www.mamayaku.com/

【女性MR応援サイト「W PLUS」】
https://www.mr-plus.com/woman/

結局、転職サイトの入り口を別にしてるだけで、同じ会社。

コンセプトは、分かるんです、とても。私も男だから。女性活躍も大事だけど、男も大切にして欲しいって。

ただぱっと見、男専門としてるだけで、実際は大手の会社が運営しているサイト。あえて区別する意味は無いんじゃないかな?と感じます。

もしサイトを見て、気になるなら利用してみてください。評判とか口コミが無いのが残念なんですが、いいサービスかもしれません。

男性薬剤師はどう転職活動するべきか?

男性薬剤師専門転職サイトがあるのでどんな会社か調べてみましたが、実際は女性専門なども運営してるし、なんとも言えないところ。

ただ薬剤師転職サイトはたくさんあるし、男性がどうすればよりスムーズな転職活動ができるのか、そんな方法があれば知りたいところ。

いい方法はないです

まぁあんまり書きたく無いんですが、軽く実態を。私自身、薬局で薬剤師採用しています。だいたいどんな感じかと言うと、日頃から、いわゆる「薬剤師転職サイト」の担当者さんとすでに知り合いです。

(※注意)実際に薬局に転職希望者が見学に来ますが、その時に付き添ってくるのは転職サイトの担当者じゃなく、その転職希望薬剤師担当してる転職エージェントで、知らない人。

私はチェーン薬局勤務なんで、基本的には、一年中薬剤師は募集掛けてます。やっぱりこの業界、辞める、転職する人が多いので。

さすがにこの時代、都内で、30歳くらいの調剤経験者に年収700万とか提示出来ないです。(でも出す薬局があるのが凄い・・・!)

やっぱりあれなんです、男性の方が、年収交渉しやすい。これは事実として。ちなみに私の会社は、給与規定通りに提示してるので、まぁ男性薬剤師採用が難しい。

まぁ時期にもよるんですが、30歳の男性薬剤師が面接に来てくれたとして、5社、6社で競合です。たいていはまぁ・・・年収の高い所に持ってかれます(笑)

いくら福利厚生をアピールしたって、教育体系を説明したって、お金にはかないません。だって、基本的には「調剤」で、仕事内容自体はそこまで大きく変わらない。

何が言いたいかと言うと、ある程度の転職サイトを使えば、男性であれば自然と優遇される環境なんです。それは、やっぱり男性が少ないから。男性薬剤師、約40%ですけど、調剤薬局で働く割合となるとさらに減ります。

仕事が出来るかどうか、それ自体は男性、女性に差は無いんです。

むしろ、40代以降なら女性薬剤師の方が頭良くて、未経験でも覚えが早いし、仕事良く出来ますよ。あくまで傾向ですが。

ただ繰り返しですが、男性は割合として少ないんで、普通に転職活動すれば大丈夫です。

サイトを見て気に入れば、「オレヤク」を利用すれば大丈夫です。特にそのサイトを使うメリットはないかもしれないけど、自然としっかり対応してくれます。

他の転職サイトが気になるんであれば、マイナビ薬剤師かファルマスタッフあたりを使えば問題ないです。男性におすすめとかじゃなく、ちゃんと転職活動できます。

【マイナビ薬剤師】
https://pharma.mynavi.jp/

【ファルマスタッフ】
https://www.38-8931.com/

まとめ

男性薬剤師は、普通に転職活動すれば大丈夫です。そして女性薬剤師もです。

RELATED POST