薬剤師と就職・転職活動

さくら薬局(クラフト)を辞めたいと悩む薬剤師の転職先はどこが良い?

クラフトが運営する、さくら薬局。そこで働いているけど、もう辞めたいな……とあなたは思ってしまった。

転職するか、留まって働き続けるか悩みますよね。

特に新卒で入社したら理想と現実のギャップもありますし、また、M&Aで吸収合併して入社したのであれば、働く環境が自分にとって悪くなったというケースもあるはずです。

さくら薬局はとても店舗数の多い「大手チェーン薬局」です。でも調剤薬局って職場自体は小さくて、働いている人数も少ないですよね。

薬局は職場次第でとても働きづらくなる

クラフトという会社自体は全体として悪くなくても、薬局単位で見ると働きにくい、人間関係が悪い、そうした事はどうしても出てきてしまいます。

また、さくら薬局ではヘルプ(応援)が多いという事もあり、そうした事が負担になるケースも多いようです。

この記事では、クラフトの運営するさくら薬局を辞めたいと思う薬剤師はどんな薬局に転職するのが良い選択なのか。簡単にまとめていきたいと思います。

この記事のまとめ

今働いている中で、不満な部分を解消出来る環境を選択するのがベスト。

ヘルプが多くてしんどいなら、地域密着型の薬局。人間関係重視なら、薬局見学を通して求人探しをする事。

まずは働きつつ「いい求人が無いか探して見る」のが選択肢も広がり安心です。

一番は「マイナビ薬剤師」から情報収集するのが的確ですし、相談や転職サポートが手厚いのもポイントです。

さくら薬局(クラフト)を辞めたい理由は?

これはあなたが、クラフトに新卒で入社したのか、あるいはさくら薬局とのM&Aなどで働き始めたかでも大きく変わる部分。

新卒入社の場合

新卒入社の場合、辞めたいと感じる大きな理由となるのは大きく分けると2つ。

  • 理想と現実のギャップ
  • 人間関係が悪い

これってどのチェーン薬局にも当てはまりますよね。ただ結構、働き続けるにはきつい部分でもあるんです。

また、仕事に慣れてくるとヘルプ(応援)が多いケースなどでは、少しワークライフバランスに影響を及ぼすことも。

他店ヘルプって残業は発生する事は少ないかもしれません。でも通勤時間が長くなったり、残業が無い分給与が減ったりと、あまり働く薬剤師にメリットはありません。

出来れば腰を落ち着かせて働く方が、いいに決まってますし、そもそも「かかりつけ薬剤師」の方向に向かってる中では1薬剤師は1店舗が理想です。
(そうは言っても、チェーン薬局なら月1,2回は、他店ヘルプを行う事が普通です)

人間関係のつらさに関しては、異動が難しいなら正直なところ転職しか選択肢は無いです。

人間関係に関しては、本当にそれだけで心身やられてしまう薬剤師も多いので、それは会社というよりその「勤務する薬局」が悪いです。会社を責めるより、前向きな転職をしたい所ですね。

「薬剤師としてのキャリア相談」という形から、マイナビ薬剤師のアドバイザーに相談する所から始めれば、ストレスも軽減するはずです。

中途(M&A)でさくら薬局勤務の場合

中途というと、転職して入社した薬剤師を差しますが、M&A(吸収合併)でさくら薬局に働き始めた薬剤師も同じです(勤続年数は基本的に通算されるため)。

こうしたケースの場合、抱える悩みは人それぞれ大きく異なります。

例えば中途入社の場合だと、入社時の話と違ってラウンダーとして働く羽目になってしまう事もあるかもしれません。

M&Aの場合だと、単純に待遇面(年収や福利厚生)での不満のケースが多いでしょう。

クラフトのような大手には、やっぱり大手の良さもあります。極端な話、会社が傾くような心配は無く働く事が出来ますよね。

例えばあなたの年齢が50歳であれば、今からの転職は待遇面含めて厳しい状況です(ただし、地方ならば状況は違います)。

ただ年齢的に40代くらいまでであれば、働きながらでも「他に自分に合った薬剤師求人がないか」くらいはチェックしておいても損はありません。

薬剤師に限らず、年齢的には若い方が転職しやすいのは事実です。ただ、年収も大事ですが、働き方も大切。

「さくら薬局で定年まで先が見えてる」訳でないなら、今の仕事と比較して、次のステップに進んで見るという事も検討するのがいいかも知れませんね。

さくら薬局(クラフト)を辞めない方がいい薬剤師

まずなんですが、さくら薬局新卒入社1ヶ月、2ヶ月とかで辞めるのはなるべく避けたいところ。

もちろん、精神的に体調が……とかであれば話は別ですが、この時期は研修・OJTなど、これからという時期で、判断するには早すぎるかもしれません。

ただ体調次第ですね。色んな悩みを抱え続けても仕事を優先させる意味は、全くありません。

年収が不満なら辞めない方がいいケースも

クラフトをはじめとする大手チェーン薬局の年収水準は、基本的には安いです。そのため、30歳前後で他社に転職すると、年収が大幅に上がるケースも多いです。

ただし「年収が低いと思い込んでいるだけ」というケースも結構あるのが現実。

特に30代後半から40代に掛けてであれば、昇給や役職手当も付いているはずで、転職しても年収が上がるという事は難しくなってきます。

もちろん「定年までさくら薬局(クラフト)で働く」というので無ければ、転職は早いに越した事はありません。

例え年収はスライドであったとしても、あなたに合った職場で働く・働きがいを持って働くということが、長い社会人人生では大切な要素です。

とは言え、転職で年収が上がるかどうかは実際の「交渉次第」です。今の年収が600万だから上がらないとか、そういった事は地域差もあり断言出来ません。

もちろん奨学金の返済を早めたいなど、個々によって事情は異なりますよね。

そうであれば、一度働きながらでも数ヶ月程度転職活動してみて、自分を高く雇用してくれる薬局求人がないか探してみるのは取れる手段の一つです。

「辞めてから」ではなく、あくまでさくら薬局で働きながら……言い方は悪いですが、天秤にかける形で求人探しをしてみてください。

さくら薬局間で異動が出来る環境なら辞めない

他店へのヘルプばかりであれば、そもそも難しい事かもしれません。でも今ある程度落ち着いて働いていて、でも人間関係が嫌で辞めたいのならば、しっかり異動出来るかは上司に打診してみましょう。

やはり「クラフト」という会社が悪いのではなく、職場単位で問題があることがほとんどです。

理解のある上司であれば、そしてあなたに期待をしてくれているのであれば、やっぱり辞められるのは痛手です。

ただ、さくら薬局に限った事では無いんですが、「嫌で異動」すると、色々と面倒な事が発生するのも事実です。あなたがいなくなった分、薬剤師の補充をしなくてはダメですよね。

もしかしたら異動先の薬剤師が、また他の薬局に異動させれるような玉突き人事が発生するかもしれません。色々とデリケートなのが人事異動です。
(そうした事もあり、あまり積極的に「異動対応」してくれないのは、大手に限らずチェーン薬局に共通している事と言えます)

でも上司にすぐ相談出来る環境なら、異動願いをしてみるのが初めに取りたい選択と言えますね。クラフトという会社に愛着があれば、なおさらです。

さくら薬局(クラフト)を辞め、自分に合った薬局探しをする方法

もうあなたの中で「さくら薬局は辞めて転職しよう」そう思っているなら、働きながらでも早めに転職活動は始めること。

転職活動は時期に注意

もちろん退職する時期はあなたの都合(例えばボーナスを貰ってからなど)に合わせて大丈夫ですが、いい求人に巡り会えるかどうかは時期にもよるからです。

例えばボーナスを貰ってから転職活動をするとなると、同じように考える薬剤師が結構いますよね。

転職先で働き始める時期は、転職エージェントとの話し合い・相談の中で交渉してくれますし、多少は融通がきく部分だからです。

むしろ「絶対◯月から入社をお願いしたい、それじゃなきゃ採用NG」とかだと、かなりの薬剤師不足の環境かもしれないので注意が必要な場合も。

ただもちろん、その時期に合わせられれば年収交渉もしやすいのも事実です(その間に派遣を入れる必要が出てきてしまう可能性もあるので)。

文字にすると求人探しも難しそうですが、しっかりと薬局見学をすれば、全く問題はありません。薬局の雰囲気や薬剤師人数など、多くの情報が手に入るからです。

さくら薬局で不満に感じた部分を解消出来るように

会社(クラフト)の問題というより、あなたが働くさくら薬局の店舗の問題で辞めたいケースが多いとお伝えしてきました。

さくら薬局も約600店舗。それだけの店舗数なら、働きやすい所、そうでない所はどうしても出てきてしまいます。

あなたが「どうして今のさくら薬局の店舗を辞めたいのか」その理由をはっきりさせておく事が、転職活動が上手くいく最も大切なポイントです。

  • 人間関係の問題
  • ヘルプが多いので落ち着いて働きたい
  • 収入面の部分

それは10人薬剤師がいれば、10通り。でもそれを解決出来る求人探しをする事が大切です。

たまに「今の薬局は有休がとりづらいから辞めたい」と思って転職しても、年収アップにつられ、変わらず忙しい薬局に転職する薬剤師もいます。

お金でカバー出来る悩みなら問題無いとも言えますが、あまりそうした転職はおすすめしません。元の悩みが解決出来ていないからです。

というわけで長くなりましたが、さくら薬局(クラフト)を辞めたい・転職したいと思う薬剤師は、しっかりと今の不満を解消してくれる薬局探しをする事が大事です。

大手が良いとか悪いではなく、転職では薬局見学が出来るので、多くの求人からじっくりと選ぶ事が大切です。また疑問点は、アドバイザーに相談すれば問題もありません。

働きながらでも情報収集を行う、アドバイザーに仕事の相談を本音でする。それを心がけたたいですね。

薬局見学など、しっかりと行って転職先を選ぶ事が大切。収入面でも、交渉はすべてエージェント任せで対応してくれます。

初めての転職なら「マイナビ薬剤師」が良いですし、見学などのサポートは弱いですが「薬キャリ」も求人数を多く見たい薬剤師にはおすすめです。

転職するか悩んだら

将来を考えると今のままではつらい・不安」そう感じても、実際どうすればいいか分からない薬剤師がとても多い。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎将来性がある会社で成長したい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。

もちろん無料ですし「転職するかしないか」は、転職活動を始めた後に決めれば問題ないからです。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

調剤薬局への転職に

正社員・パートとして多くの薬局求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)