薬剤師と就職・転職活動

薬剤師で転職しようか悩んでいるけど一歩踏み出せない|考えておきたい事

転職しようかどうしようか悩む薬剤師は多いです。転職したいと感じる理由はそれぞれですが、一歩踏み出せない原因は、将来に対する漠然とした不安から。

つまり、必ずしも「転職先が今より恵まれてる!」という保証が無いからですよね。100%今よりいい仕事が合ったら悩む必要なんてありません。すぐ転職するはず。

転職しようかどうしよう、悩んでしまう。薬剤師として新たな一歩踏み出すべきなのか?そうした思いを、どう自分の中で折り合いをつけていけば良いでしょうか?

転職か悩む原因は薬剤師業務の多様化

今の時代仕事も多様化しつつあるのは薬剤師も同じ。「調剤薬局」であっても、会社によって働く環境は大きく異なります。そもそも就活時点だって、大手か中小規模化で大きく変わりますよね。

これからますます働き方が多様化していく事が想定されるため、今の職場に不満を抱えていると、仕事に将来性を感じられず、むなしさを感じてしまう薬剤師は結構多いと思うんですよね。

過去の自分をふくめ、周りの薬剤師をみてると働きがいを持ててないケースが多いと感じる事が多いです。これを外部環境のせいにしている人、結構多いんじゃないでしょうか。少なくとも、自分自身はそうでした。

つまり、診療報酬(調剤報酬)に左右される薬局・病院を取り巻く環境が悪いとか、薬剤師が飽和してきているとかですね。

しかしそういった状況でも薬剤師が充足されず(慢性的な人手不足)、お給料も上がらず、いつしか狭い檻のなかで閉塞感を覚えてしまう。

綺麗事を言うのは簡単です。「環境のせいにせずに、薬剤師という資格に甘えず努力を続け、いま与えられた環境で挑戦すべきだ」――確かにそうかもしれません。ぐうの音もでない正論。

しかし、社会人として働いていれば薬剤師に限らずどのような職種でも、どうしたって環境変化は直接的に影響されます。外部環境が良い方向に影響されることもありますが、医療業界たいていは悪い方向に左右されるでしょう。

薬剤師という資格職であれば、必然的に働ける職種も限られてきます。薬局・病院・Dgs…。「薬剤師という資格で仕事が守られている」といえばそうかもしれませんが、却って視野が狭くなっているケースも多いのです。

つまり、働きやすい・伸び伸びとした環境は実際いくつもあるのに、そこに辿り着けない求人探しが下手な人が多いということ。

端的に言えば薬剤師として将来どうすべきかは、しっかりとキャリアアドバイザーに相談するのがベストです。転職するか悩んでるなら尚更ですね。

働きつつ着実に求人探索をして、より良い職場を見つける事が大切です。その中で薬剤師として転職への悩みを解決していく。

薬剤師だけじゃなく、どんな仕事だって転職するのは悩むのは当然。不安を抱えたまま転職しようとしても失敗するだけですから。

しっかりと、マイナビ薬剤師などで悩みをなくしつつ相談し転職活動していくのが最善策です。

まずはそこから一歩踏み出すことで、薬剤師の転職活動に伴うリスクが少なくなります。悩んでいるだけでは長い人生では損が増えるだけです。

マイナビ薬剤師

10年後に決断したんでは、時既に遅しというのが薬剤師ならではの転職時の悩みと言えるのが現状です。

薬剤師の転職に関する悩みは経験年数でそれぞれ

もちろん、薬剤師で転職するか悩んでいると言っても、経験年数(年齢)で大きくかわってきます。

例えば1,2年目であれば、そもそも就職活動が結果として上手に出来なかったという理由もあるでしょう。これはよくあるケース。

何がやりたいとか、どういう薬剤師を目指すとかそれ以前の問題で「こんな職場で長く働けるわけない……」という状況で働いてる人は案外多いものです。

そんな状況なら転職を悩む状況ではなく、薬剤師として資格を生かして早く転職したほうがマシです。「石の上にも三年」という時代ではないのですから。

【関連記事】
薬剤師新卒1,2年目で辞めた体験談|転職していいのか悩む必要はない

もちろん「もう50代だけど転職考えている」とかなら慎重にならざるを得ませんし、大いに悩むべきです。

転職に関しては若ければ若いほうがスムーズにいきます。これは薬剤師に限らずですよね。

転職するか悩む薬剤師が心に留めておきたいこと

薬剤師を取り巻くまわりの環境がいい時代だって、悪い時代だって、転職というのは悩みます。やっぱり人生変わりますからね。

ただ少なくとも心に留めておきたいのは、今置かれている環境にどうも長くは身を置けそうもないなら早めに行動を起こした方が良いということです。

確かに薬剤師1年目とかであれば「3年くらいは働き続けたほうが良い」という意見もありますし、我慢出来るならしてもいいでしょう。

ただ、3年経って絶対に転職するなという状況なら、今転職活動しが方がいいケースも多いという事です。

なぜなら、調剤報酬改定や薬価改定によって年々待遇が落ちてくる事は間違いないからです。

(転職で年収をどれだけ重視するかはそれぞれですが)例えば今だと年収500万円で次の就職先が見つかる所が、3年後では450万円ということも大いにあり得ます。

つまりこれまでであれば「経験を積んでステップアップで年収up」という転職可能だった薬剤師も、そうではなくなっているという事。

おそらくは誰もがそうした予想出来るからこそ、転職することに悩みを抱えてしまっているという事も考えられますよね。

少なくとも、5年後、10年後に「薬剤師の転職する環境がすごく良くなってる」という可能性はかなり低くなってきています。

だからこそ、転職するか悩んでいる薬剤師は、早めに別の仕事を探したほうがより良い勤務先を見つけられる可能性が高いのです。

「薬剤師として次の転職先を探すべきか悩んでいる」それなら早めに行動する事は、やはり将来の環境を考えればベターな選択です。

慎重になるのは大切ですが、まだ年齢的にベテランに差し掛かる前に決断し、より薬剤師資格を活かせる仕事に就く・働きがいのある環境に身をおく。それが大事なんです。

転職するか悩んだら

将来を考えると不安・環境を変えたい」そう感じていても、実際どうすればいいか分からない薬剤師は意外と多いもの。

仕事にやり甲斐を感じない・つまらない、そんな思いを抱えているなら危険信号。仕事が充実すれば人生全体も充実するのに、そんな生活では悲しいですよね。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎成長できる環境に身を置きたい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば、新たな一歩を踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

「やっぱり最大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

収入upを目指すなら

年収など待遇面を重視して多くの薬局・Dgs求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、条件の良い求人をすばやく対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、収入upにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)