管理薬剤師の仕事

薬価改定2019年10月(消費増税・実勢価格に合わせた改定)

2019年10月1日より、薬価改定が改定されます。

これは消費増税に伴う処置で、一見すると「薬価が上がる」と思われる方もいるかもしれませんが、そうではないところが管理する側としては難しいところ。

単に増税だけを勘案するのではなく、実勢価格も反映させるので、2年に1回の(いつもの)薬価改定という側面も含んでいます。



実際の薬価改定について(2019年10月)

実際どのような形になるかと言うと、おおむね1/3程度の医薬品の薬価が上がり(消費増税相当分)、それ以外は引き下げとなります。

一律でと言うものでは無く、薬価が上がるもの、下がるものがあり、在庫管理については薬局・医療機関として、頭の痛い部分ですね。

厚生労働省から、すでに官報に掲載された資料が出ていますので、各医薬品卸からの情報とともに、活用をしてください。

以下、薬価の改定情報です。(いずれもpdf.ファイルが開きます)

内用薬

注射薬

外用薬

これらのファイルは、厚生労働省のホームページ(の隅っこの方に)掲載されていますが、そちらにはエクセルファイルが同内容で掲載されています。

厚生労働省のホームページから探そうと思ってもなかなか見つからない部分なので、参考までリンクを紹介します。厚生労働省のサイトです。

薬価基準収載品目リスト及び後発医薬品に関する情報について(令和元年10月1日適用)

・・ただなかなか、このデータを利用しても在庫管理という部分では「どうしていいか悩ましい」というところが本音。

もちろん薬価が上がるもの、薬価が変わらないものであれば、消費増税前に購入した方がメリットがありますし、薬価が下がる・・おおむね2%以上下がるのであれば、2019年9月末時点での在庫は絞った方がベターです。

取引のある医薬品卸からは、上がるもの、下がるものの詳細なデータが配布されているので、まだ手元にない場合は担当者までご連絡を。

2019年10月薬価改定の意味とは

薬価はこれまで2年に1度、改定されてきました。ただ毎年の薬価改定という局面に差しかかり、卸売り業、保険薬局、医療機関、様々なところに負担がきています。

薬価改定は単なる「値下げ」ではなく、実勢価格に合わせるという側面があります。つまり、医薬品卸から、薬局などに、実際に納入されている価格を元に、反映が行われるのです。

2019年10月の改定は、消費増税に合わせた処置ですが、それだけではない事は十分理解が必要ですね。

もちろん値引きにによって薬局の利益が確保できるという側面が大きく、薬局にとっては値引きは欠かせないものですが、医薬品卸にとっては過当な値引き合戦は長期的に見て非常に経営を苦しくさせます。

最近では大手卸を中心に、そういった過当な値引きは行われなくなりました。ただ地場卸を中心にやはり値引き勝負しているところもあるのが実情。

薬局であっても、卸であっても、無理に値引きを強いると言う事は長期的に見て業界全体を疲弊させるもとになっています。

医療機関、薬局としては、値引きに頼らない効率的な経営が求められています。ただ診療報酬自体も社会保障費を財源としているため、苦しい状況。綺麗ごとでは済まなくなってきているのです。

大手チェーン薬局では不採算店舗の閉店も目立ってくるようになりました。積極的な出店も相変わらずですが、それ同時に、閉店をする傾向は強まるはずです。

雇われの勤務薬剤師と言えども、しっかりと業界の動向を見据え、自分の働き方(正社員なのかパートなのか)を見つめなおす時期に来ているのかもしれません。

転職で悩んでるなら

将来を考えると転職した方がいい、そう感じていても、実際どう行動していいか悩む薬剤師がとても多い。

・人間関係がつらい
・ボーナスが減らされ年収に不満
・薬剤師としてのキャリアに不安
・パートで働きやすい職場に
・将来性のある会社がいい

薬剤師として働いていれば、年齢に応じてそれぞれ色んな悩みを抱えてしまうもの。

転職しようかなと感じていているなら、今すぐの行動が大切。

なぜなら転職サイトの求人は、登録した順に紹介してくれるから「早いもの勝ち」なんです。

転職が頭をよぎったら、すぐに登録しておく事が欠かせません。

以下に紹介する求人サイトは、無料で利用出来ることはもちろん、優良な求人があつまるのでおすすめ。

今の悩みを解決するため自分に合った求人サイトに、まず登録する事。それが将来に備えるはじめの一歩となるのです。

求人探しに困ったなら

「すでに少し求人探ししてみたけど、あまり希望の求人が見つからない」という薬剤師なら、ファーマキャリアを利用するのがベスト。

他のサイトの求人がいまいちだった、条件面を重視したい。特にそんな場合、コンサルタントの質に強みを持つメリットを生かせます。

総合評価
どんな求人あなたの希望に沿ったオーダーメイド求人
サイトhttps://pharmacareer.jp
強み正社員で年収重視の薬剤師におすすめ
弱み企業への転職は不向き

ファーマキャリアを見てみる

20代・30代の薬剤師に

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん収入アップも可能。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師が一番です。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの求人を紹介してくれる
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

チェーンで働きたい

これから先、年収を上げたい、将来の安定性や福利厚生のいいチェーン薬局・Dgsに転職したいならファルマスタッフを利用したいところ。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが出来ます。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、年収を上げる事もできる
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

幅広く求人を探したい

「いろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長ですね。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、自分でも探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者さんのサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。

それは「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

ファーマキャリア
(いい求人に出会えないなら)

マイナビ薬剤師
(20代、30代の薬剤師に)

ファルマスタッフ
(チェーン店で安定して働きたい)

リクナビ薬剤師
(業界大手の求人数)

RELATED POST