仕事(diary)

薬剤師は単なる袋詰め作業人なのか?

薬剤師を単なる「袋詰め」と揶揄される事が生じてきたのは、おそらくかつて存在した某巨大掲示板からなのではないかなと思います。

今でも匿名掲示板やSNSを中心に、しばしばそのように表現をされていますし、薬剤師であればきっと目にした事がある言葉だと思います。

薬剤師袋詰めしかしてないへの反論を明確にしていない

そのようなやり取りの中では、薬剤師自身がそれに対する反論として真面目に仕事をきちんと説明するというよりも、「薬剤師に対する単なる嫉妬」で済ませる事が多かったですね。

もちろんネット上の匿名の中で真面目に説明すること自体、そもそもばかばかしいという事もあります。

やはり薬剤師を袋詰めと揶揄するような匿名者は「薬剤師の年収が高い」と思うことによる嫉妬から投稿する事がほとんどだと思いますし、実際薬剤師は特に新卒時点においての厚遇された年収や、また日本の平均年収からすると相当程度上回ることなど、当初は単なるやっかみから生まれた言葉なのかなと思います。

薬剤師をそう評価する言葉が無くならないという事

しかしながら、この袋詰めという言葉がほんの一時使用されたというのものではなく、いまだ十数年にわたり存在し、そして揶揄する表現として使い続けられていることもまた事実で、その事は薬剤師の仕事が患者さんに伝わっていないからかとも感じます。

確かに医薬分業が十分ではなかった2000年代前半頃まで、大きな病院で薬を受け取る際に、薬剤師から窓口ですでに袋詰めされた薬を数百人の患者さんに大した説明も無しに渡すだけ、というのは不思議な光景ではありませんでしたし、今でも効能効果だけ簡単に一方的に伝えて終わりとする医療機関が恐らくあるかもしれません。

また、慢性疾患で定期的に薬局に来る患者さんであれば、説明もなにも不要で薬だけ早く欲しいという方も少なくないのも事実ですし、病院、クリニックにおいてでさえ、診察は不要で処方箋だけで良いと考えている患者さんがいることもまた事実です。

ただそういった患者さんを抜きにしても、「薬剤師は袋詰めしかしていない」と考えている方も少なからずいるのではないかと思ってしまうのです。それはやはり技術的な部分や鑑査など、薬剤師にとって最も重要な仕事が目に見えづらいという事と関係しています。

処方箋の受付から薬剤の交付まで調剤の過程において、薬剤師の仕事は直接的には目に見えない事が多く、技術的な部分は減っています。

以前の記事で薬剤師の手技が失われつつある問題について触れましたが、その記事を読んで下さった方の反応は大きく分かれるものでした。

それは、「調剤機器導入で手技は無くしていくべきだ」という考えと、逆に「手技喪失は憂いもある可能性がある事だ」という反応です。

この時私は手技の喪失を憂う論調で記事にしましたが、機器の良さもとても良く分かりますし、それ自体の良し悪しについてまでは特に言及していません。

しかし今後調剤機器の導入により薬剤師の手技が減っていく中で、薬剤師が薬剤師としての職能をしっかりと発揮できる力を身に着けなければ、なおさら本当に単なる「袋詰め」と捉えかねないのではないかと感じるのです。

処方箋鑑査もコンピュータによるチェック、調製は機械、できあがった薬の鑑査も機械、説明も機械、そうなるとどこに薬剤師が介入するのかさえ分からなくなってきます。

もちろんそこまで莫大なお金を掛けて設備投資をする事は難しいものの、相当程度はコンピュータ(ロボット)が担う事ができてしまいそうですし、人件費を考えれば1つの薬局に1億円でもそれほど高い投資では無いのかもしれません。

そうなった時、袋詰めさえする必要がなくなるのではと考えると背筋が冷たくなる気さえしてしまうのです。

薬剤師を“頭脳労働者”としか考えていない薬剤師がAI(Artificial Intelligence=人工知能)にとって代わられてしまう事はたやすい事です。

体力勝負でもある在宅業務を推し進める事が、今できる薬剤師の仕事の見える化の第一歩なのでは無いでしょうか。

在宅業務を敬遠するという事が、薬剤師の職能を自ら狭め、いや、将来的には袋詰め以下に貶めるかもしれない事を自覚する必要があると思うのです。

転職するか悩んだら

将来を考えると今のままでは不安・環境を変えたい」そう感じても、実際どうすればいいか分からない薬剤師はとても多いです。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎将来性がある会社で成長したい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば一歩踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

調剤薬局への転職に

正社員・パートとして多くの薬局求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)